酒モン ゲットだぜ!!

  酒を飲んでいて遭遇・捕獲した酔っぱらいのモンスター達、略して「酒モン」について綴っていくブログ

酒を飲んでいて遭遇したモンスター達について綴っていくブログです。 長編・短編・色々とございます。

薬物使用疑惑のおっさん

今回の話は、捕獲した

酒モン(酒を飲んでて捕獲したモンスター)の

話ではなく、自分自身が酔っ払って

酒モンになった時の話なので、

書くかどうか迷ったが、

内容的に今が旬のタイミングの話なので

書かせていただきます。

 

その頃、僕は社会人になって2年目で、

学生時代に住んでいた神戸市東灘区の

アパートにそのまま住んでいた。

社会人になり、ボーナスも少しだがもらえて、

念願の自動車を購入し、

近くの駐車場を借りていた。

駐車場のオーナーさんは、近所の酒屋の

ご夫婦で、毎月の駐車場代は振込ではなく、

その酒屋に持参することになっていた。

安月給だったので、2ヶ月とか3ヶ月滞納して、

まとめて払いに行くこともよくあったが、

オーナー夫婦は怒りもせず、

「もう支払ってくれへんのかと思った」と

ニコニコ笑いながら言ってくれるような、

いいオーナーさんだった。

そんなオーナー夫婦にも欠点があった。

駐車場代を支払いに行った時に、

旦那さんの晩酌に付き合わないと

いけないのだ。それだけ聞くと、

「タダ酒を飲めて、いいやん」と思うかも

しれないが、旦那さんはすごい大酒飲みで、

夕方の6時に支払いに行くと、下手すると

日が変わるくらいまで、5〜6時間くらい.

晩酌に付き合わないといけなかった。

 

ある金曜の夜、僕は会社帰りの19時過ぎ頃に

2ヶ月分溜まっていた駐車場代を

支払いに行った。案の定、旦那さんは

酒屋の奥にあるテーブルで飲んでいて、

「お~い、今日も飲んで行くやろ?」

と満面の笑みで僕を呼び、

一緒に飲むことになった。

僕が席に着いた時、奥さんが、

ビニール袋に入った乾燥した草のようなものを

僕に手渡し、こう言った。

「この前、お腹が弱いって言うてたやろ?

 これ、丹波の山で採れた薬草を

    干したやつやねん。

 漢方薬としても売られている草で、

 少しずつちぎって白湯と一緒に飲んだら、

    お腹が弱いのも治るで。」

 

このご夫婦は、神戸市内に大きな駐車場を

いくつも持っているくらいの資産家で

兵庫県の北部に別荘も持っていて、

週末はそこで農作業などをして過ごしていた。

そこで採れた胃腸に効くという薬草を、

よく下痢をすると言っていた僕にくれたのだ。

そしてご想像通り、この乾燥した草のせいで、

後にとんでもないことになるのだった。

 

こうして大酒飲みの旦那さんと、

お酒は飲まないがよく喋る奥さんと、

僕の、3人の酒宴がスタートした。

旦那さんはビール党で、話をしながら、

ひたすら500mlの缶ビールを飲み続けた。

つまみはお店で売っている乾き物だ。

1時間が過ぎ、2時間が過ぎても、

宴は一向に終わる様子もなく、

気がつけば旦那さんと僕で、

500mlの缶ビールを20本近く飲んでいた。

 

「もう飲めないです・・・。」

かなり酔っぱらった僕がそう告げても、

「若いのに何を言うてるねん!

    明日も休みやろ?  もっと飲もや!」

と旦那さんは言い、さらに宴は続く。

文字通り、売るほどに酒があるので、

もうお酒もなくなったから

この辺でお開きで、ということもない。

 

結局、この日も、旦那さんが眠くなる

夜中の1時くらいまで酒宴は続いた。

大げさではなく、テーブルの上は、

500mlの缶ビールの空き缶だらけに

なっていた。たぶん、500mlの缶ビールを

1人20本以上ずつは飲んでいたと思う。

僕はお店を出て、徒歩5分くらいのアパートに

帰ろうと歩き出したのだが、

すっかり酔っ払って、まっすぐ歩けない。

そして、1分ほど歩いたところで、

深さ50センチほどの溝に落ちてしまった。

そこから這い上がろうとするが、

頭がクラクラして、なかなか這い上がれない。

そこに運悪くパトカーが通りかかった。

優秀な日本の警察官は、

夜中に溝から這い上がろうとして、

なかなか這い上がれない男を

すぐに不審者と認定し、

パトカーを停車し、車から降りてきた。

「どうしたんですか?」

警察官は僕に聞く。

「酔っ払って、溝に落ちたんですが、

    フラフラでうまく這い上がれなくて。」

僕は正直に答える。

警察官は、二人で僕の手を引っ張って、

溝から救い出してくれた。

そして、

「この辺に住んでいる方ですか?

 一応、身分証明書とか

    見せてもらえますか?」

と聞いてきた。

 僕は上着のポケットから財布を出し、

免許証を見せたが、

その時、ポケットに入っていた

「ビニール袋に入れられた乾燥した草」も

出てきた。

優秀な日本の警察官は、

夜中に溝に落ちて、

フラフラな男が持っている

乾燥した草を見て、即座に怪しいと判断し、

「これなに?」

と聞いてきた。

僕は、

「さっきもらった薬草です」

と正直に答えるが、優秀な日本の警察官は、

薬草という響きに敏感に反応した。

「薬草!? ちょっと聞きたいことがあるから、

 そこの交番まで一緒に来てくれる?」

僕はパトカーに乗せられ、

最寄りの交番に行くことになった。

交番に着き、椅子に座り、話を聞かれる。

日本の優秀な警察官は、とにかく

「この草は何?」

の一点張りだった。

僕は、

駐車場のオーナーのところに

駐車場代を払いに行ったこと、

そこでビールをめちゃくちゃ飲んだこと、

薬草はそこの奥さんにもらったということを

何度も説明したが、

ベロンベロンに酔っていたので、

呂律もまわらず、うまく伝わらない。

 

「とにかくそこの酒屋さんに聞いてください」

と頼んだのだが、もう深夜なので、

酒屋さんに電話しても、出ないみたいで、

なかなか僕の無罪は証明されない。

 

「そもそも、ビールだけで

    そんなにおかしくならないでしょ?」

日本の優秀な警察官は、

ビールの力を過小評価していた。

「ビール以外に、その薬草を使って

    何かしてない?」

日本の優秀な警察官は、

薬草の力を過大評価していた。

 

小一時間そんな押し問答をしているうちに、

ようやく酒屋に電話が繋がったようで、

奥さんが薬草は自分が採ったもので、

漢方薬にもなっているものだと説明してくれ、

僕はなんとか無罪放免となった。

交番を出る時、日本の優秀な警察官に

「今度から、ややこしいことしないでね」

と言われた。

 

おい!

お前らが勝手に間違ったんや!

 

と思ったが、酔っぱらい過ぎて、

フラフラだった僕は大人しく帰宅した。

もう20年も前の話である。

そして、自らの証言によると、

ミュージシャンで個性派俳優でもある

あの人は、この頃から本物を

やっていたそうである。

 

今回捕獲した酒モン

・迷走タイプ

・レア度・・・☆☆

生き返ったおっさん

1つの店に長いこと通ってると、

常連さん同士が結婚したり、

常連さんが転勤で海外に行ってしまったり、

色んなことがある。

そして、最近見ないなぁと思っていた

常連さんが、実は亡くなられていたという

悲しいこともある。

そんな時は必然的に、

その常連さんを偲んで

みんなで飲むことになるのだが、

そんな場にも

酒モン(酒を飲んでて捕獲したモンスター)   

が出現することがある。

今回はそんなしんみりした時に出現した

酒モンの話だ。

 

九条(大阪市西区)に住んでいた頃、

よく通っていた居酒屋があった。

その店は、清原の

覚せい剤うたずに、ホームラン打とう」

という、今思えば皮肉としか言いようがない

ポスターが貼られている、

カウンターだけの居酒屋だった。

そこにいつ行っても見かける、

美味しんぼの副部長みたいな外見の

おっさんがいた。そのおっさんは、

いつも夫婦で飲みに来ていたのだが、

ある日を境に見なくなった。

常連さん達と、

あの夫婦、最近どないしたんやろ?

と言っていたら、数週間後に

奥さんだけが来店され、

旦那さんは亡くなられたとのことだった。

 

その後も奥さんは、

たまにその店で見掛けていたのだが、

副部長のおっさんが亡くなられて

2年が経ったある日もその店で会った。

奥さんは日本酒を飲みつつ、

他の常連さんや僕と話をしていたのだが、

突然こう言った。

 

「早いもので、夫が亡くなって、

    2回目の三回忌なんです。」

 

いや、奥さん!

2回目の三回忌って!

1回生き返って、また死んでるやん!

2回目の命日が来て、三回忌や!

 

ただ、その話を聞いた常連のおっさんは、

「2回目の三回忌」にツッコむこともなく、

こう言った。

 

「じゃあ、今日は旦那さんの

    死去二周年を記念して、

    みんなで飲みましょう!」

 

いや、おっさん!

死去二周年って言葉はないぞ!

記念ってのも、なんか祝ってる感が出てるし!

 

そして、みんなで飲みました。

副部長さん、向こうでも飲んでますか?

あ、なんか、泣けてきた。

 

 

今回捕獲した酒モン

・誤解タイプ

・レア度・・・☆☆☆

 

敵が気になるおっさん

今回は大正(大阪市大正区)で

飲んでる時に捕獲した

酒モン(酒を飲んでて捕獲したモンスター)

の話である。

 

その店は夫婦がやっていた

小さなホルモン屋さんで、

大正をパトロールする際には

よく立ち寄っていたお店だった。

開店1周年の時に、

トランプから一枚引いて

ハートのAが出れば3割引き、

その他のAが出れば2割引き、

ジョーカーが出ればなんと9割引き、

というキャンペーンをしていた。

その時に、僕がまさかのジョーカーを出して、

急に不機嫌になった店主に気を遣いながら、

散々飲み食いして、

320円を払って帰るという、世に言う

「大正9割引き事件」があった店でもある。

 いや、全く世に言ってないけど。

 

その店でよく顔を合わせていた

50代後半と思しきおっさんがいたのだが、

なぜか僕のことを気に入ってくれていて、

よく一緒に飲んでいた。

おっさんは飲む前から常にテンションが高く、

飲むとさらにテンションが上がり、

大声で駄洒落を言ったり、ふざけたり、

そこらの物を使ってボケたりしていた。

僕はその度に、ツッコんでいたのだが、

おっさんは僕のツッコミが的確で気持ちいい

と、いつも喜んでくれていた。

 

その日、僕は仕事を終え、

19時くらいからこの店で飲んでいた。

小一時間くらい飲んでいると、

そのおっさんが現れた。

おっさんは一軒目で

そこそこ飲んできたようで、

顔は赤くなっており、

なぜか慌てた様子でこう言った。

「ちょうどよかった、兄ちゃんがおって。」

 

何のことかよく分からず、

僕がおってよかったって、

どういうことですか?

と聞くと、おっさんは、

「さっき飲んでた店で聞いてんけど、

 あっちの居酒屋に今、

 めっちゃ陽気に騒いでる

 兄弟の酔っ払いがいるらしいねん。

 どんな酔っ払いか見に行かへんか?」

と言ってきた。

さっぱり意味か分からないので、

どういうことですか?

と再度聞くと、おっさんは

危機感に溢れた眼差しでこう言った。

「2人ともえらい酔っ払ってて、

   ものすごいハイテンションらしいんや。

   どんな奴らか気になるやろ?

 今後、俺らのライバルになるかもしれんし、

 偵察しとかんと。」

 

いや、気にならん!

俺らって、コンビにせんといて!

ライバルってなんやねん!

偵察してどうなるねん!

僕は、心の中でいっぱいツッコんだ。

 

いや、結局見に行きましたよ。

挙句の果てに4人で飲みましたよ。

最後はその兄弟におっさんを押し付けて、

トリオにして帰りましたよ。 

 

 

今回捕獲した酒モン

・高揚タイプ

・レア度・・・☆☆☆☆

 

セリ市のおっさん

今回は兵庫県姫路市で飲んでる時に捕獲した

酒モン(酒を飲んでて捕獲したモンスター)

の話である。 

 

JR姫路駅の北側は、

地方の県庁所在地なんかよりも

はるかに大きな商店街が広がっていて、

地元の人や姫路城を訪れる観光客の人で

いつも賑わっている。

そして昼から飲めるお店も結構あり、

早い時間から飲んで

グダグダになっている人も多い、

楽しい街だ。

 

その日、僕は何もかもが嫌になり、

15時過ぎに大阪を出て、

約1時間掛けて姫路の街にやって来た。

そして、駅から徒歩5分くらいの、

商店街の中にあるお店で飲むことにした。

串カツをメインに色んなメニューがある

そのお店は、普通の人なら

まだ仕事をしている時間にも関わらず、

おっさん達で混雑していた。

僕は店内に入り、ビールと串カツを頼み、

飲み始めた。

その日は寒い日だったのだが、

店内はエアコンがよく効いていて、

むしろ暑いくらいだった。

しばらくして、頭にタオルを巻き、

ビールを飲んでいたおっさんが

「えらい、暑いな」と言い出し、

エアコンのリモコンを手に取った。

 

「あれ? 23℃になってる。

 そやのにこんなに暑いんか!?」

タオルのおっさんは驚く。

たしかに23℃の設定とは思えないほど、

室内は暑かったが、おそらく、

串カツを揚げたり、料理を作ったり、

ひっきりなしに火を使っているから、

23℃の設定でも室内は充分に温まるのだろう。

だが、この温度設定の件で、

なぜか店内が異常に盛り上がり始めた。

 

向こうの席から、

「え? 23℃でこの暖かさ?

 うちなんか、25℃にしてても寒いのに」

と声がする。

別のテーブルからは、

「え!? うちなんかいつも26℃ですよ」

と声がする。

すると、タオルのおっさんは、

「はい、26℃、26℃以上はおらんか?」

と、まるで魚市場のセリのように仕切りだす。

「うちは木造で、すきま風がひどいから、

 設定はいつも28℃!」

「はい、28℃、28℃が出ました!」

「うちは家に帰ってすぐの時はたまに30℃!」

「30℃が出た。30℃、もうないか?」

「うーん、ない。」

「それ以上はないわ~。」

「はい! 30℃! 

    30℃の兄ちゃんに決定!」

 

店内は築地市場の様になっていた。

これ何のノリ?

 

今回捕獲した酒モン

・高揚タイプ

・レア度・・・☆☆☆☆

店内で食べるおっさん

今回は九条(大阪市西区)に

住んでいる時に地元の居酒屋で捕獲した

酒モン(酒を飲んでて捕獲したモンスター)   

の話だ。

 

当時住んでいた家の2軒隣に

半分、屋台のような居酒屋があった。

その店では、店のママや常連さんたちが急に

「王将の餃子が食べたい」とか言い出し、

それを誰かが代表して買いに行き、

ママも含めて、店内にいるみんなで

それを食べる、ということが

日常的に行われていた。

なのに、ペットボトルのお茶などを

カバンから出して飲んでいると、ママから

ウンコをちびるくらいに怒られるという、

善悪の基準がよく分からん店だった。

 

その日、僕は仕事から家に戻り、

靴も脱がずにカバンを玄関に置いて

すぐに家を出て、その居酒屋に向かった。

まるで、ランドセルを玄関に置いて、

すぐに中島のところに遊びに行く

カツオのように・・・。

これはええ例えや。

 

店に入り、瓶ビールを注文し、

既に酔っ払っていた何人かの常連さんと

話しながら飲んでいると、何かの流れで

エムのマークのハンバーガー屋さんの

ポテトで、ビールを飲もうという話になった。

そして協議の結果、一人のおっさんが

代表して買いに行くことになった。

エムのマークのハンバーガー屋さんは、

この店から歩いて5分の駅前にある。

だが、20分以上経っても、

千鳥足で店を出たおっさんが

なかなか帰ってこない。

過去、王将の餃子を買いに行ったおっさんが、

徒歩2分のところに店があると知らず、

電車に乗って3駅向こうの堺筋本町まで

買いに行ったことがあったので、

今回もそんなことかな、と思い、

僕がエムのマークのハンバーガー屋さんに

見に行くことになった。

駅前のハンバーガー屋さんに着くと、

おっさんは店員さんと何やらモメていた。

どうしたんですか?

と間に入ると、

僕を見つけたおっさんは

泣きそうな顔になって、

「この人、全然話を分かってくれへんねん」

と訴えかけてきた。

店員さんとおっさんから聞いた話を

総合すると、

おっさんはポテトのLサイズを4つ頼み、

当然、一人でそんなに食べると思わない

店員さんは、

「店内でお召し上がりではないですよね?  

    お持ち帰りでよろしいですか?」

みたいな感じで聞いたらしい。

するとおっさんは、

「いや、持って帰って、

    あっちの店内で食べるねん。」

と返答し、

「では、店内でお召し上がりではなく、

    お持ち帰りでよろしいでしょうか?」

「いや、だから、持って帰るけど、

    あっちの店内で食べるねん!」

「申し訳ございません。

    あっちの店内というのは

    どちらのことでしょうか?」

という感じで押し問答になっていたみたいだ。

 

いや、おっさん!

そこは持ち帰りの一択や!

あっちの店内って、誰が分かるねん!

 

エムのマークのハンバーガー屋さんで

ハンバーガー10個を頼み、

「店内でお召し上がりですか?」

と聞かれ、

「そんなに一人で食べれるか!」

と怒ったいう都市伝説のようなネタはあるが、

酔っ払ったおっさんは

その都市伝説を簡単に越えてきた。

 

え?

王将は実名やのに、

ハンバーガー屋さんは匿名なん?

どっちかというと王将の方が

社長の身に色々あったし、ヤバそうやけど。

その発言がヤバイわ!

 

 

今回捕獲した酒モン

・迷走タイプ

・レア度・・・☆☆☆

 

閉店する店のマスターのおっさん

今回は前回の続き、

三重県津市で飲んでる時に捕獲した

酒モン(酒を飲んでて捕獲したモンスター)

の話である。 

 

明日で閉店というお店に、

偶然入ったのだが、世が更けるにつれて、

一人、また一人と常連さんが帰っていった。

マスターはなぜか僕の前に座り、

自分で入れた生ビールを飲みながら、

ずっと話し掛けてくる。

明日で閉店やねんから、

常連さんと喋ったらいいのに、と思いながら、

マスターと話しているうち、

ついに僕以外の客が全員帰ってしまった。

それでもマスターの喋りは止まらず、

結局、この店をオープンする前から

今日に至るまでの大河ドラマ

全て聞かせてもらった。

 

話が一段落付いたところで、

ふと時計を見ると24時近かった。

慌てて、スマホで時刻表を調べたが、

当然、大阪までは帰れるはずもない。

タクシーで帰ると莫大な金額になるので、

諦めて、このあたりで

安いホテルを探すことにする。 

マスターに終電を逃したことを告げると、

「それやったら、知り合いのホテルに

 頼んだるわ。飲んでて、終電を逃す

 お客さんも多いから、

    いつも紹介してるねん。

 知り合いやから無理もきいてくれるし、

 安いし、綺麗なホテルやで。」

と言って、電話をしてくれた。

 

「うちのお客さんが、終電を逃してな。

 お前とこのホテル、部屋空いてない?

 え? 空いてるのにアカン?

 伊勢志摩サミットやってるから?

 どういうこと!?」

マスターの電話を横で聞いていたが、

どうも交渉は上手くいっていなさそうだった。

 

「いや、だから、その空いてる

    ダブルの部屋に、兄ちゃん一人を

    泊めたってくれたらええやんか!

 え? 規定があって、二人部屋を一人に

 貸したらアカンって?

 それやったら、俺が兄ちゃんと一緒に、

 その部屋に二人で泊まるわ! 

 それやったら文句ないやろ!?」

 

マスターの電話を横で聞いていたが、

交渉は、なんかとんでもなく不穏な流れに

なっているようだった。

マスターの電話は続く。

 

「伊勢志摩サミットの関係のお客さんが

 急に来るかもしれんから、

 部屋は空けとかなアカンって? 

 こんな遅い時間から

    伊勢志摩サミットの関係者が

 飛び込みで泊まりに来るわけないやろ!

 お前とこみたいな、

 ぼったくりの汚いホテルに!!」

 

マスターの電話を横で聞いていたが、

さっきまで、安くて綺麗だったホテルは

一瞬にして、ぼったくりの汚いホテルに

変わり果てたようだ。

 

その後もマスターは長々と電話で

なんやかんや言い合いをしていて、

ついには

「もうええわ!」

と言って電話を切った。

 そして、マスターは僕に

「なんか、今日は満室みたい」

と告げた。

 

マスター、間をはしょり過ぎや!

こっちはマスターの会話から

大体の事情は把握したぞ!

 

 僕はスマホでビジネスホテルを探した。

5分で、安くて綺麗なホテルが見つかった。

 

 

今回捕獲した酒モン

・憤慨タイプ

・レア度・・・☆☆☆

閉店する店のおっさん

今回は三重県津市で飲んでる時に捕獲した

酒モン(酒を飲んでて捕獲したモンスター)

の話である。

 

津の駅前はいい飲み屋さんが何軒かある。

そして、駅からは遠く、

バスに乗らないと行けないが、

津観音の周りにもいい飲み屋さんが結構ある。

しかし今回は、津駅の隣の

津新町駅で飲んでいる時の話である。

なぜこんなところに行ったかというと、

ちょっとした仕事があったからだ。

ちょっとした仕事って、

別に隠す必要はないねんけど。

その仕事が終わり、軽く飲んで帰ろうと

街をブラブラしていて、その店を見つけた。

その店は、過去に僕が住んでいた

某市の名前が付いた店で、外から見ると

かなり入りにくい店だった。

いや、別に某市って隠す必要も

ないねんけど。

 

入りにくさはかなりのものだったが、

店の名前の縁もあるし、

明らかに酒モンが

出現しそうな店だったので、

思い切って入ってみた。

外から見るより、店内はかなり広く、

中は大きなカウンターがあり、

おっさんでほぼ満席だった。

そして、僕が店に入るやいなや、

20人弱のおっさんが一斉にこっちを見た。

大げさではなく、この時、

ホンマに戦慄が走った。

え?  何でそんなにみんなで見るん?

とビビったが、このまま店を出るのも

変なので、気を取り直し、

かろうじて空いていた席に座った。

そして、入口から席に向かうまでも

約20人のおっさんはこっちを見ていた。

マスターが注文を聞きに来たので、

ビールと、なぜか、

ほうれん草炒めを頼んだ。

しばらくして、

マスターがビールと付き出しを持ってきて、

「初めて?」

と聞かれたので、

「はい。たまたま大阪から

    津に仕事で来てまして」と答える。

するとマスターは、

「そうなんか。

    実はこの店、明日で閉店やねん。」

とすごいことを言い出した。

聞くところによると、

20年ほど続いたこの店だが、

色々あって、この週末で

閉店することになったそうだ。

それで、今週は在庫のお酒類が飲み放題、

店内の備品が持ち帰り放題ということで、

閉店を惜しんだ常連さんで満員なのだそうだ。

そんな日に一見の僕が入店したので、

みんなが「あいつ、誰?」という視線を

投げかけてきていたということらしい。

 

付き出しでビールを飲んでいると、

ほうれん草炒めが出てきた。

量も多いし、味付けも美味しくて、

おっさんの常連が多いのも納得だった。

そうこうしてるうちに、

隣のおっさんが喋りかけてきた。

なんでこんな街外れの店に来たのかと

しつこく聞かれ、何回も説明するのだが、

おっさんは完全に酔ってるので、

全然通じない。

そのうち店内のテレビで、

伊勢志摩サミットの話題が放送された。

三重県だから関心が高いのか、

みんなが食い入るように

テレビを見ている。

その時、テレビを見ていた

隣のおっさんが言った。

「めるけるお妻(つま)って、

    誰のこと?

    “ めるけるお ”って人の嫁はんってこと?

 “ めるけるお ”って有名な人?

    お兄さん、知ってる?」

 

テレビにはドイツの首相夫妻が

写っており、「メルケル夫妻」と

テロップが表示されていた。

 

いや、おっさん!

どう見ても「めるけるふさい」やろ!

「めるけるお」っていう男性がいると

思うのがおかしいわ!

 

どうやら、三重県の人も

それほど伊勢志摩サミットに

興味はなかったようだ。

 

ちなみにこの日、この店のマスターと

深夜まで喋っていて、

完全に終電に乗り過ごし、

僕は津市で一泊することになったのだった。

そのホテル探しで、また一悶着あるのだが、

それはまた次回。

 

今回捕獲した酒モン

・誤解タイプ

・レア度・・・☆☆